色のない日々に彩りを

日々のあれこれ気になることを書き留めていく。

[音楽レビュー]ReoNa 「SWEET HURT」 

SPONSORED LINK

どうも、しーとです。

今日は音楽レビュー

注目の新人アーティストのデビューシングルがリリースです。
それがコチラ!

Amazon: SWEET HURT (SACRA MUSIC)

ReoNa 1stシングル「Sweet Hurt」です。

甘い痛みとはなかなかなタイトルですね。
英語にするとニュアンスに柔らかみが出て、よくわからないですね。。

ReoNaさんの注目ポイントはなんといっても独特の声色から醸し出される世界観
あどけなさと爽やかさを持ち合わせた響きのいい声をしています。

そしてそんな声で奏でる楽曲は、曲の情景をしっかりとイメージさせ、聴いていて心地いい

久しぶりに聴いた、こんな歌。

そんな彼女のデビューシングル「Sweet Hurt」のレビューです。

 

 

ReoNa

ということでまずはアーティスト紹介から。

絶望系アニソンシンガーReoNa

正直、歌声を聴くだけでは何が"絶望系"なのかイメージが湧きにくい。
今回の「Sweet Hurt」というタイトルを合わせて、なんとなくイメージが湧いてくる。

歌声はどことなく寂しげで儚い叙情感を含んだ声。

淀みや澄んだ感じを映し出しながら、重ねていくメロディは聴いていくうちに徐々に深くなっていきます。
是非、ヘッドフォンで聴いていただきたい

また、1年ほど前にいくつかYouTubeでカバーを上げていて、それを聴くとなんとなく雰囲気がつかめるかと思います。

www.youtube.com

また、インタビューもいくつか掲載されていますが、バックグラウンドを掴んで初めて、彼女の歌が見えてくる感じがあります。

ソロデビュー前には、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』の劇中アーティスト、神埼エルザの歌唱パートを担当されていました。

1枚アルバムを出していて、いろいろな表情を見せてくれます。
特にこの最後の「Rea(s)on」がうまく映し出している感じがあって、ハマりました。
ぼくはそんなイメージです。

www.youtube.com

これからなアーティストですので、アニソンを通じていろいろな歌に挑戦してほしいです。

spice.eplus.jp

this.kiji.is

 

SWEET HURT

ということで、楽曲に移りましょう!

今回は表題曲の「Sweet Hurt」を含む3曲入りのシングルになっています。

3曲とも聴いているリスナーに語りかけてくるような、そんな歌になっています。
特に3曲目の「カナリア」、シンプルな構成ながら歌のイメージがすごい入ってきます。

デビューシングルですけど、繊細なニュアンスでそれぞれ歌い上げて、歌唱力だけでは言い表せない曲の情景をしっかりとイメージさせてくれます。
すごく完成されていて、聴いていて心地いいです。

ヘッドフォンで聴くと、それがさらに鮮明になってきます。

全体的に少し暗い曲調ながらも、こちらの気分次第でさらに落ちていくし、一方で奥底に生命力のような力強さもあって勇気づけてくれます。

この余韻の後に他の曲を聴くと、すごく安っぽく聞こえてしまいます。
ちょっと失礼。。

それくらい、味わいの深い曲たちです。

 

1.SWEET HURT

ピアノのやさしい音色を中心に、細く響くアコギの音色が曲をささやかに飾り付けます。
Bメロになってドラムとベースが入って少しずつ華やかになって、サビで彩りが増して響き渡ります。

丁寧に歌い上げるメロディは、ReoNaさんの余韻がいい具合に響き、曲に深みを与えます。
飾りすぎない歌詞がストレートに心に刺さってくる感じがなんともいえません。

Cメロで若干の焦燥感が出つつ、感情が表に出て溢れさせていくところで一旦落とす。
そこからすぐに大サビへ展開していく流れが絶妙にいい

 

2.おやすみの詩

ピアノからギターとドラムに移って、少し早るリズムを作っていきます。

Aメロを語るように歌っていく様がぐさっと耳に入ってくると、Bメロでは徐々に歌が迫ってくるように奏でて、サビへつながっていく。

サビに一層の焦燥感が出て、曲全体を盛り上げていき、曲が見えてきます。

全体的に平坦な進行ながらも起伏がない分すっと通り過ぎていき、サビの抜けが印象づき感情を奪っていく
2番ではサビにいかずに間奏にいって、Cメロにつながっていくのがいいアクセント。
メロディラインを活かすために構成をいじって、印象強くしています。

すごくコーラスの声が味が出ていて、曲調とともに少し怖さを持ち合わせているところがなんとも言えません。

 

3.カナリア

アコギの優しげな音色とささやく歌声で曲が始まる。
少し響くリバーブの音色が歌声の余韻を際立たせます。

ハイを鳴らすサビはなんとも言えない寂しさと思いが伝わってきます。

強く歌うところと弱く歌うところのメリハリがあって、シンプルな曲調ながらも要所を締めて、すごく感情を溢れさせます。

大サビがさらに一段階上げて感情を漏らす歌い方がもうなんか、いい。。
あ、泣きそう、ってふと思ってしまう、味わい深い曲です。

久しぶりにこんな曲聞いた。。

 

 

販売情報

★この曲はe-onkyoでハイレゾ配信中!

おわりに

ということで、ReoNaデビューシングル 「SWEET HURT」のレビューでした。

聴く前に比べて、思った以上にハマっていきました。
なんかこういうの久しぶりに味わいました。

新しい曲に出会った感動というよりは、こんな曲を見つけてしまった衝撃
人によって感じ方は違うかも知れませんが、なんかトータルで今年一番の衝撃を受けました。

そんな気分。

是非、聴いてほしいです。
最近これしか言っていない。

それじゃ!



© 2017- 色のない日々に彩りを All rights reserved.