[音楽レビュー]麻倉もも「Peachy!」

[音楽レビュー]麻倉もも「Peachy!」

どうも、しーとです!

TrySailの麻倉ももさんがニューアルバムをリリースしました!

Amazon: Peachy! (ミュージックレイン)

TrySailは麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜の3人組ユニット!
ソロ活動も積極的に行っており、今回は麻倉ももから初のアルバムがリリースです。

個人的に好きな声優?アーティスト?の1人!

大注目!

すごく歌がうまいって感じではないんだけど、声感がいいんですよね。
別に下手って言ってるわけじゃなくて、まだまだ上手くなるって意味も込めて!

今回のアルバムも、そんな彼女らしいふんわりした曲を中心にいろいろな魅力が詰まったアルバムになっているかと思います。

ということで、紹介していきましょう!

麻倉もも

愛称はもちょ。
ピュアな感じが伝わって、すごく合っています。

2012年から声優として活躍する彼女。
2018年はあまり作品には参加されていませんが、特徴ある声が魅力です。

また2015年からはTrySailとしてアーティスト活動も開始し、今のトレンドの波に乗る1人です!

プロフィール

公式情報によれば、

誕生日:1994年6月25日
出身地:福岡県
趣味・特技:ミュージカル、音楽を聴くこと、散歩、家族旅行、フラフープ、枕草子暗唱、もも乗せ、おいしそうに食べること

あまり普段は訛りは出ないようですが、福岡県!
博多弁いいですね~。

趣味とか特技とか、記載がありすぎw
気になるのが、枕草子の暗唱
こういうのってなんにもなくて絞り出して書くようなイメージもありますが、ほんとに自信があるからでしょうか。
ちなみにぼくも出来ます☆

おいしそうに食べることが彼女らしくていいですね。

声優として

声優としては2011年にミュージックレイン主催の声優オーディションに合格し、2012年から活動しています。

声質としては、すごいわんぱくなイメージでピュアピュア~っていう感じ。
少し舌足らずな発音が自然体らしい表現になって、すごく味になっている気がします。

これまで、「Charlotte」の乙坂歩未をはじめ、「WWW.WORKING!!」の柳葉ミリ、「プリプリちぃちゃん!!」の佐伯夕花などを演じられています。
とある科学の超電磁砲S」、「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」「FAIRY TAIL」などにも出演されています。

2019年には「えんどろ〜!」にも出演が予定されています。

アーティストとして

アーティストとしては2015年から3人組ユニット「TrySail」として活動しています。

3人共キャラが立っているのがいいところ!
他の声優アーティストに比べてファンに熱狂者が多いイメージがありますが、それも納得のファンサービス!
終始笑顔でライブする姿はすごくハマります。
なんかTrySailの紹介になっている。

2016年にはHoneyWorksプロデュースの「 明日は君と。」でソロデビューを果たし、活動を開始しました!

正直すごくうまいっていう感じじゃないですが、ポップでキュートちょっと幼くも自然体な雰囲気の独特の声質がハマります。
逆に年を重ねるごとに上手くなっているのを感じられるのもいいです。
ちゃんとアーティストらしくなっています。

特に感情表現とか自分らしさを曲にノせて伝わってきます。

1stアルバム「Peachy!」

ということでアルバムの紹介です。

初のソロアルバムということで、これまでリリースした曲はもちろん新たにアルバム曲を追加して13曲と盛りだくさんの内容になっています。

彼女らしさ前回の曲が満載で、ロックな曲やポップな曲などパワーソングを中心にもちょワールドが展開されています。

すごくちょうどいい温度感で奏でてくれるのですごく聴きやすくていいです。
作業のBGMとか移動中とか気軽に聞ける感じがちょうどいいですね。

初回限定盤にはミュージックビデオのBlu-rayが付いているほか、完全生産限定盤にはDVDにはなりますがミュージックビデオのほかソロデビュータイミングからを収めた「ミニヒストリー」、懐かしい歌番組風なテイストの「ミニ歌番組」を収録したDVDが付いています。

Amazonで「Peachy」を探す!

★このアルバムはe-onkyoでハイレゾ配信中

1.Good Job!

1曲目にふさわしい爽やかなイントロから展開していきます。

ドラムのフィルインからサビを奏でるイントロに、シンセの音が彩りを加えます。

なんだかワクワクするようなAメロにちょっとドキドキを与えるBメロを通じ、サビに楽しさを持っていきます。
もちょらしさが出るメロディを自然体で歌い上げ、楽しさが伝わってきます。

間奏はファンクチックにキメがノリを作り、Cメロがリズミカルで大サビを際立たせます。

Good Job!というタイトルらしく、なんだかうまくいきそうな気にさせてくれるパワーソングです。

2.明日は君と。

ロック調の疾走感がある感じがアルバムに勢いをもたせる、1stシングルです。

ギターの静かなバッキングを裏にメロを奏でていくイントロ。
ピアノサウンドを加えて、ピアノロックな感じに展開していきます。

個人的にはサビよりメロのほうが印象的
少し詰め込んだ歌詞がもちょの自然体な歌い方を活かす感じがいい。
少し焦燥感を出すリズムがなんともいえません。

Cメロからまた展開が変わり、間奏のカノンをアレンジしたゆったりした曲調とギターソロが面白いです。
HoneyWorkesっぽいです。

派手さはないですが、大サビに向けて感情を高めていく構成がいいです。

3.Run for you

シンセを中心としたノリのいい曲調の曲。

Aメロ1回し目はギターだけ、2回し目でドラムが加わる定番のバンド進行がキマリます。
この構成だとボーカルのメロがすごく映えるのでいいですね。

個人的にはもちょの進化がわかりやすくて、メリハリの効いたメロディを歌い切ります。

サビのハキハキした進行とメロディがさらにいいです。
少し優しげに「Run for you」の歌詞を語るサビ終わりがキュンてします。

ストリングスメインで進む中、いきなりテクニカルなギターソロに入るのが展開的に意外です。

4.トラベリータイム

伸びやかなシンセで入るミドルテンポのポップソング
イントロがすごくアニメのOPにありそうな展開。

ゆったりとしたリズムで伸びやかに刻んでいく感じが、昭和のアイドルソングっぽい。
古いってことではないんだけど、日本の歌らしい独特のリズムとメロディが印象づきます。

テンポよく進み伸びやかに奏でるのが、すごく合っています!

5.恋のプレリュード

ゆったりながらもリズムよくポップに奏でていく1曲。

静かにイントロがいくのでそのまま進むのかと思いきや、壮大なシンセの音で曲が一気に溢れかえります。
前曲に引っ張られてちょっと昭和な曲構成を感じます。
ギラギラしたシンセがそう思わせるのかな?

サビ終わりのロングコーラスがいいですね。

力強く壮大な曲がアルバムの印象を変えていきます

6.ずっと君のことが好きなんです。

メロディから入るイントロが心に刺さってくる、リズムのいいローテンポなラブソング

等身大な感じで彩り溢れる恋愛ソングが似合うんだよなぁ。
すごくもちょの歌い方に合った歌詞とメロディで、豊かな表現を楽しめます。

ギターやチャイムなどがアクセントとなって、彩り溢れる雰囲気がいいです。

キメるとこはキメてメリハリがある感じもリズムがよく、ふと足踏みしたりしたくなる曲。
ライブはサビで手を振りそうな感じ。

7.花に赤い糸 (映画『好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~』挿入歌)

少し感傷を作るローテンポなバラード?な雰囲気の曲。
前曲とはまた趣向の異なったラブソングです。

1stシングルのカップリングとともに、映画『好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~』挿入歌になっています。

歌詞がストレートに響いてくるのがハニワプロデュースっぽいです。
メロディもなんだかCHiCOさんが歌いだしそう。

頑張って歌いきってる感じがすごく曲のイメージに合っていて、曲想がいいんですよね。

個人的におすすめ。

8.パンプキン・ミート・パイ

もう曲名は響きでつけたんじゃないかという、らしさが詰まったロック曲

テンポよく進んでいく構成がたまらなくいい!

パ・パ・パンプキン・ミート・パイ!
とキメセリフは、語感がよくてもちょらしくかわいらしいです。

ちょっと夢見物語な歌詞もすごくいいし、この曲作った人すげーって思う。

ギターのリフがすごくいいし、ドラムのリズムもキマってる。
メリハリが効いていながらも伸ばすところは伸びやかにいったりして、スッと入ってきます。

個人的に一気にハマった曲!

9.トクベツいちばん!! (TVアニメ『プリプリちぃちゃん!!第1クールOPテーマ)

疾走感とはまた違う早いリズムで勢いのある1曲
ピアノのサウンドに重なるシンセとテンポの早いリズムがまたアルバムを展開させていきます。
プリプリちぃちゃん!!」第1クールOPに起用された2ndシングル。

畳み掛けるように迫ってくるアニソンらしいメロディで詰め込んだ1曲。

ラララのアウトロが個人的に口ずさみたくなるようなリズムの良さです。

10.Fanfare!!

疾走感あふれるロック曲でアルバムの終盤を彩ります。
曲の彩られ方が若干ユニゾンぽさを感じるギターロックです。

他の曲に比べ楽器が映える構成がテンションを上げますね。
サビはツービートで勢いがいいです。

ところどころ入る裏のコーラス、わかってる!
合いの手な感じでかわいい声が入るやつ

らしさを出しながらも、疾走感が際立つパワーポップです。

11.No Distance

前曲からはリズムを抑えてミドルテンポで奏でる力強い1曲
3rdシングルのカップリング曲です。

このくらいのテンポがすごく歌声が響くしらしさが出る気がします。
歌っている側が楽しいだろうなぁと感じるような構成。

伸びやかなメロディとキレの良い演奏が印象的で、カップリングには勿体ないくらいいい曲だと思います。

入りのドラムのフィルがすごくよくて、ここだけリピートしたくなる

個人的におすすめ。

12.星空を想えば

キラキラした音を散りばめながら、ストリングスで展開していくローテンポな曲調が星空を思わせます。

歌い方もちょっと大人びた感じで伸びやかに歌い上げていくのも、また違った感じが出ています。

Bメロでタメを作ってサビにつなげていく構成が曲を盛り立てていきます。
雄大に広がる満点の星空を思わせます。

サビのロングトーンがすっと通って気持ちいいです。

曲名にあったイメージを作り出してくれる曲ですね。

13.カラフル (TVアニメ『プリプリちぃちゃん!!第3クールOPテーマ)

ラストは「プリプリちぃちゃん!!」の第3クールOPに起用された3rdシングル。
少しトランス調のイントロがまた新しい。

同じくOPに起用された「トクベツいちばん!! 」にどこかつながるようなテンポのよさ。
ただ、コチラのほうがポップな曲に仕上がっています。

少しテンポの落とすCメロのソロコーラスの響きがいいです。
すごくニュアンスが感じられます。

販売情報

★このアルバムはe-onkyoでハイレゾ配信中

おわりに

ということで今回は、麻倉ファーストアルバム「Peachy」の紹介でした。
充実したアルバムになっているかと思います。

声優系のアーティストってどんな歌に出会うかってのが重要かと思うんですが、
らしさを活かしてちょうどいい感じ!

メインストリームとはいかないまでも好きな人は必聴だと思います。
今後にも注目です。

それじゃ!

コメントを残す