[音楽レビュー]藍井エイル「アイリス」

[音楽レビュー]藍井エイル「アイリス」

今日は、音楽レビュー。

藍井エイル活動再開後2枚目のシングル、「アイリス」がリリースです!

シンプルなジャケ写ながらも雄大な空の青が藍井エイルらしくキマっています。

復帰後の作品はこれまでの藍井エイルぽくなく一歩進んだ印象を持っています。
例えば、アイリスについては出だしがちょっとこれまでと違って徐々にらしさが垣間見えてくる感じが新鮮です。

特に今回の曲はメッセージ性が強くこれからの決意でもあるしこれまでの過去の精算でもあるかのような曲に仕上がっています。
ある意味衝撃がすごい。

そんな藍井エイルのニューシングル「アイリス」のレビューです。

藍井エイルは僕がアニソンにハマるきっかけになったアーティストです
復帰が本当に嬉しいにゃ

[CDレビュー]藍井エイル「流星/約束」[CDレビュー]藍井エイル「流星/約束」 [おすすめ曲紹介!]藍井エイルの魅力とおすすめ楽曲のまとめ![おすすめ曲紹介!]藍井エイルの魅力とおすすめ楽曲のまとめ!

アイリス

今回はのっけからレビューです。
アーティスト情報が気になる方は関連リンクを参照ください。

[おすすめ曲紹介!]藍井エイルの魅力とおすすめ楽曲のまとめ![おすすめ曲紹介!]藍井エイルの魅力とおすすめ楽曲のまとめ!

今回のシングルは表題曲となっている「アイリス」、そしてカップリングに「Daylight」「Lier」を加えた3曲入のシングルです。
さらに「アイリス」のインストも入っています。

今回の表題曲「アイリス」はアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』EDに起用されています。

OPにLiSA、EDに藍井エイルは最強の組み合わせだにゃ

そんな今回のシングルに思った第一印象が、

メッセージ性がすごく強くてこれまでの楽曲とは一線を画してる
それもそのはず、実際に藍井エイルが作詞をしたそうで。

これまでの思いがものすごく詰め込まれています。

ここにも強く書いているように、思い入れがすごいです。
そういったところからもこれまでの曲とは違った一面が見れるのかなと思っています。

特に3曲目のLier、叙情感とは違った余韻がなんともいえません。

全体的にシックにまとめ、メッセージを伝えるように構成されています。
楽器隊もかっこいいんだけどそれ以上に歌詞やメロディが伝わってくる、そんな感じです。

なお初回限定盤はDVDがついた特別仕様で、早期購入特典としてフォトブックがついているバージョンもあります。
そして、アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のユージオがジャケ写に描かれたアニメ盤も同時リリースです。

Amazonで「アイリス」を探す!

1曲目「アイリス」

ピアノの前奏からギターが入りイントロがシックに始まる。
Aメロ入りは、あれ藍井エイルだよね?って思う節がありつつ、徐々にああそうだと確かめるように曲が進んで行きます。

ミドルテンポでしっかりとしたリズムを刻んでいくので、歌詞とメロディがしっかりと耳に届いてくる感じがいいです。
Bメロで一瞬切ってからサビに進むと彼女らしい力強いトーンでメロディを奏でながら思いがこもった歌詞が一つ一つ心に刺さってきます。

少し間奏を挟んでCメロにいけば少しリズムを早めながら畳み掛けて大サビにつなげていきます。

爽快感とはまた違う少し心に残ってくる感じの曲調がなんともいえません。

ギター裏に入るストリングスの音が雰囲気を作っているのとドラムの音が締まっているので、全体的にタイトにまとまっています。

2曲目「Daylight」

少しきらびやかなイントロがこれまでの藍井エイルらしさを感じさせる1曲。
とはいえ曲が進むに連れて今回のシングルのテーマなのか、歌詞がすごく耳に入ってくる感じがします。

言葉を詰め込んだサビがこちらの気持ちを焦らせて気持ちを乱してくる感じ。
2番に進めば楽器隊の音が入ってきて、ああこの感じと少し安心させます。

A/Bメロは楽器隊がしっかりと曲を作っていきますが、サビはメロディがリードして力強く響いてきます。
この表現力というかボーカル力というか、曲を持っていくハイトーンはさすが。

間奏やCメロで少し緩めてちょっとずつ大サビに向けて締め上げていく曲構成になっています。

これは弾くのが楽しい曲な気がする。
特にサビのギターのかき鳴らしとかねっとり響くドラムとか、絶対楽しい!

少し違った感じはあるものの、これまでの曲からすれば一番しっくりくる曲かも。

3曲目「Lier」

少し暗い曲調で、確実に聴く人を飲み込んでいく曲。
イントロのギターアルペジオが少し「クロイウタ」を思わせます。

平坦にABメロを奏でていきながら、サビでその感情を爆発させてきます。

サビ前のドラムのドドドダンのリズムが気持ちいい。
→わかりますでしょうかw

この曲はサビが強烈で、同じフレーズを繰り返すことでその歌詞がグサリと刺してくる感覚

力強い歌声で強烈に響いてくる感じが曲のイメージをがっちり共鳴させてくる。
これってある意味すごい。

聴く人に解釈させる余地を与えない、強烈にこうだ!という曲のイメージを叩きつけていく獰猛さ
少し鳥肌が立つくらい。

歌唱力がハンパないことの裏返しともいえますが、シックに進む曲調がさらにその印象を色濃くしていきます。

間奏で緩めるかと思いきやCメロでさらに曲を展開させギターソロが感情を高めていきます。
ちょっとブレイクをしながらも大サビにそのままつなげていき、息つく間もなく終わりを迎えます。

やばい。

販売情報

★この曲はe-onkyoでハイレゾ配信中

おわりに

ということで今回は藍井エイルのニューシングル「アイリス」の紹介でした。
これ聴けば聴くほど沼ってくるw

復帰後さらに強烈に印象づけるシングルになっていると思います。

いやー、なんか複雑な感情もあるんですよね。
詳しくは言えないけど(ググってみ)、それが重なってくるんですよね。
だからといってどうだというわけではないし、こうしてくるのであればそれを応援したいかなって。
→独り言と思って流してください。

まあこれはこれでいいけど、アニソンとかいう枠じゃないですね。
一つの世界観がこのシングルで出来上がっています。

そんな感じ。

それじゃ!

[神曲30選]2018年夏アニメのおすすめアニソン30曲まとめてみた! 2018年上半期おすすめのアニソン30選[神曲30選]2018年上半期のおすすめアニソンまとめ!

コメントを残す