色のない日々に彩りを

日々のあれこれ気になることを書き留めていく。

[音楽レビュー]Bang Dream!「バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクション Vol.1」

SPONSORED LINK

どうも、しーとです。

待ちに待ったアルバムがついにリリースです!
ちょっと遅くなっちゃった。。

本格派ガールズバンド達が贈るバンドリ!という音ゲー。
ゲームの中では実に多彩な楽曲が演奏されているわけですが、そんな彼女たちが歌うカバーソングがついにフル尺で音源化されました!

それがコチラ!

バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクション Vol.1
Vo.1ということは今後も続いていくってことでいいんだよね?

今回のアルバムでは、ガルパに登場する5バンドが歌うカバーソングをそれぞれ2曲ずつ、計10曲のアルバムとしてリリースされています。

すごくフル尺がほしかった「アスノヨゾラ哨戒班」、バンドらしさ全開の「ロメロ」、男性曲をクールに歌う「READY STEADY GO」、原曲顔負けの可愛らしさたっぷり「ふわふわ時間」など、人気曲10曲が収録されています!

そんな今回のカバーアルバムについて紹介していきます。

 

 

バンドリ! ガールズバンドパーティ!-バンド紹介

さてさて、このバンドリですが、じつはかれこれ3年も前に始まったプロジェクトでして、地道なプロモーションと練習に2年、アプリリリースからは1年と半年が経過し、今ノリに乗っているゲームの一つです。

他の音ゲーとは違うところは、実際にバンド演奏しているというところ!

アニメファンのみならず、音楽厨のハートに刺さる楽曲で、若い層から幅広く支持を得ています。
他のアイドルに比べると若干ライトな層が多めで、ライブもとっつきやすいのが個人的には魅力です。

やっぱりなんと言っても、実際に声優さんたちが演奏しているということ!

それがいいんだ!

ということで、まずはそんなバンドリに登場する5バンドを簡単に紹介して行きたいと思います。

 

Poppin' Party!

バンドリ!に登場するメインバンドPoppin' Party、略してポピパ!
アニメ「Bang Dream!」でも登場し、同じ高校に通う5人が運命的な出会いで結成されています。

曲調はポップとロックな曲が多く、バンドサウンドをベースに楽しい音楽を奏でてくれます。

時にクールに、時にかわいく、いろいろな表情の曲が見れるのがいい!

ボーカルの戸山香澄(CV愛美)の表情が歌声に乗って、じっくり聞けば聞くほど曲が味わいを増していきます。

バンドリプロジェクト開始からずっと練習を続けてきて、バンドのグルーブは一番いいバンドです。

が、トークはもうシッチャカメッチャカですw
それもいいのですがw

 

 

Powered by amaprop.net

Afterglow

バンドリ発、正統派ガールズロックバンドAfterglow(アフターグロウ)、略してアフグロ、もしくはアフロ。

格式ある家の生まれのボーカル蘭を中心に、幼馴染5人組で組まれたバンド

曲調はストレートなロックが中心で、クセのない感じがすっと入りエモく激情的なサウンドが魅力です。

入りとしてはすごくいいし、1周回ってさらにいいです。

ボーカルの美竹蘭(CV佐倉綾音)の伸びる歌声はまっすぐ思いを伝えてきます。

 

 

Powered by amaprop.net

Pastel*Palettes

バンドリが誇るアイドルバンドPastel*Palettes(パステルパレット)、略してパスパレ。

パステルカラーで彩りあるこのバンドは、所属する事務所の意向で組まれたバンド
そんなバンドだからこそ生まれる葛藤だったりがバンドを強くしていきます。

曲調はアイドルポップを中心に、今風のアイドルソングをベースにバンドサウンドを奏でるのが特徴です。

なんと言ってもボーカルの丸山彩(CV前島亜美)の歌声が印象的
どこかウブな感じで優しく響く歌声だけでもうw
全部の曲が名曲になっていきます。

 

 

Powered by amaprop.net

Roselia

バンドリ!が誇る実力派ゴスロリ集団、、いやメタルバンドRoselia(ロゼリア)

ロゼリアに全てを賭ける覚悟はある?

を合言葉に、頂点を目指す実力至上主義のバンドです。

曲調はずっしり響くコア要素の強い楽曲で、ゴスロリっぽい荘厳なイントロから激しく奏でるハードなサウンドが音楽厨の心を掴みます。

ジャンルの解釈は難しいのですが、コアというには軽い系統的にはメタルチックなのですがポップ要素もあったり、スピードメタルとかになるんですかね。

ある意味、一番根強い人気をもつバンドです。

ポピパと並んで、実際に声優が演奏するバンドの一つですが、これまた中の人達が強烈でw
もう仕上がってますw

 

 

Powered by amaprop.net

ハロー、ハッピーワールド!

ハッピー、ラッキー、スマイル、イエーイ!

なバンド、ハロー、ハッピーワールド!、略してハロハピ。

マーチング・バンドの衣装に、きぐるみも居たりと、ファンシーな雰囲気で一番世界観があるバンドです。

曲調もテーマ性が強く、ミュージカルだったり歌劇調だったりと、他のバンドと全く異なった方向性がアクセントとなって、ふとした瞬間にハマっています。

ボーカルの弦巻こころ(CV伊藤美来)の天真爛漫な歌声が世界観にぐっとハメていきます。

 

 

Powered by amaprop.net

バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクション Vol.1

ということで、楽曲紹介です。

今回のアルバムでは各バンド2曲計10曲のカバーになっています。

個人的なおすすめバンドはポピパハロハピ
個人的なおすすめ楽曲は、Afterglowの「アスノヨゾラ哨戒班」Pastel*Palettesの「ふわふわ時間」

それぞれの楽曲に味があって素晴らしいアルバムになっています。

バンドリの聴き始めにはちょうどいいかもしれません。

Amazonで「バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクション Vol.1」を探す!

 

01. 光るなら / Poppin'Party

アニメ『4月は君の嘘』のOPに起用されたこの歌。
原曲はシンガーソングライターユニットGoose House」が歌っています。

原曲のいいところを活かしながら、ポピパ風にアレンジされた楽曲。
香澄(CV愛美)の楽しく歌うニュアンスがうまく表現できる楽曲なので、安心して聴いていられます。

あまり楽曲の雰囲気を変えずに、原曲をなぞるようにカバーされている分比較されやすいですが、 こちらはこちらで好きです。

 

02. 千本桜 / Poppin'Party

言わずとしれたボカロの代表曲、「千本桜」です。
様々なアーティストがカバーしておりますが、また新しいアレンジの楽曲に仕上がっています。

和テイストの原曲ではありますが、あえてバンドサウンドでカバーした1曲
こちらもポピパらしくポップな感じに仕上げつつも、しっかりと原曲らしさを大切にカバーしております。

元々ボカロ曲ということもあって、アーティストに合わせてイメージを変えられる柔軟さがいいですね。
上手くマッチしています。

  

03. アスノヨゾラ哨戒班 / Afterglow

今回のアルバムのおすすめ曲の一つ。
ボカロの有名曲、「アスノヨゾラ哨戒班」。

ストレートなサウンドが感情揺さぶるこの曲は、公開されている原曲のイラストが幻想的で好きです。

あまりカバーされていなかった曲で、確かに歌いづらい曲ではあるものの、人が歌うとこれほどまでに映えるのかという曲は珍しいくらいキレイに奏でます。

すっと始まるイントロから徐々に走り出して、サビで一気に盛り上げる展開しっかり感情を乗せて、一気に突き抜けて奏でます。

個人的にはドラムの乾いたサウンドが印象的で、澄んだ夜空を思わせるような清々しい曲になっています。

Afterglowらしいパンクに仕上がった1曲。

 

04. READY STEADY GO / Afterglow

バンドをやっている人ならば一度は聴いたことがある?、L’Arc~en~Cielの名曲「READY STEADY GO」。

イントロのジャカジャカしたリズムが特徴的で、原曲の歯切れ良さとちょっとウェットに絡むサウンドは再現するのが難しい。
また、Hydeの妖艶な歌声のイメージが強い分、他の人だとすっと単調になりがち。

Afterglowのカバーでは、そんな原曲を忠実になぞりながらも、女性ならではの澄んだ声が逆に曲調を変えて、ストレートなパンクとして奏でられる。

 

05. ふわふわ時間 / Pastel*Palettes

今回のアルバムのおすすめ曲の一つ。
企画としては先輩になる『けいおん!!』から初のカバー。

原曲の人気もさることながら、カバーも素晴らしい出来上がり
パスパレの特徴を活かしきった選曲です。

音が詰まったカラフルなサウンドに彩るボーカルがたまらなくいいです。

語りからの大サビはそこだけリピートしたくなる! 

 

06. secret base ~君がくれたもの~ / Pastel*Palettes

趣向が変わっておとなしめ、
ZONEの名曲「secret base ~君がくれたもの~」のカバーです。

原曲はちょっと大人びたクールな歌ですが、こちらは子どもっぽいどこかあどけない感じに歌い上げます。

原曲は高校生くらいのイメージがありますが、こちらは中学生くらい、ちょうど『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のイメージが似合います。

特徴あるボーカルなだけに、静かな単調な曲だとちょっと一辺倒になる感じはあります。 

 

07. 魂のルフラン / Roselia

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』の主題歌。

現代風にロックアレンジしたカバーに仕上がって、静と動のメリハリが効いて原曲のかっこよさを際立たせます。

パワフルなボーカルがさらに楽曲を盛り上げていきます。

Roseliaにしてはちょっとゆったりめの曲ですが、しっかり聴かせどころを聴かせてくるし、表現力が必要な楽曲だけにうまくまとめ上げている演奏は聴きどころです。

 

08. ETERNAL BLAZE / Roselia

魔法少女リリカルなのはA's』のOP、水樹奈々が歌う「ETERNAL BLAZE」。

水樹奈々の力強いメロディは意識されつつも、コチラのほうがすっきりした歌声になる。

逆に言えば、こういう歌ものでスッキリさせると、かえって歌に特徴を出しにくいわけでもあるわけですが、
そのへんは演奏がカバーしている。カバーだけに。
コホン

元々の曲が、思い入れが強い曲であるだけに少し霞むけれど、Roseliaを体現する1曲です。 

  

09. いーあるふぁんくらぶ / ハロー、ハッピーワールド!

うーはい!

ボカロの有名曲「いーあるふぁんくらぶ」。

中国語のエッセンスを交えながら進む楽曲は、ハロハピらしいマジカルな展開
ちょっとハネ気味にすすむリズムとベースがアクセントとなって、ノリを作ります。

なめらかに歌い上げるボーカルがボカロの粗をとって、ちゃんと雰囲気が出てきます。

ハロハピらしい楽しい楽曲です。

 

10. ロメオ / ハロー、ハッピーワールド!

HoneyWorksプロデュースによるLIP×LIPの「ロメオ」。
これこそハロハピだからできる曲という感じ。

原曲は男性2人によるデュエットながら、ハロハピは女性2人で歌い上げます。
クールに歌うギターの薫メインボーカルのかわいらしいこころによる対象的な歌いあいが、面白いです。

結構歌い切るには恥ずかしい歌詞だったりしますが、女性な分そのあたりも聴きやすく、ハロハピワールドが楽しめます。

 

おわりに

ということで、今回は「バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクション Vol.1」でした。

有名曲もありながらも各バンドに合った選曲で、さらに楽しめます。
元の楽曲がいいだけに聴きがいのアルバムです。

今後に続くであろうVol.2も楽しみです!

それじゃ!

 

 

Powered by amaprop.net



© 2017- 色のない日々に彩りを All rights reserved.