コイン制の新Audibleを利用して感じた、良いところ・悪いところ

コイン制の新Audibleを利用して感じた、良いところ・悪いところ

どうも、しーとです。

2018年8月28日にAmazonの読書サービスaudible(オーディブル)がリニューアルされました。

それまで定額読み放題だった制度がコイン制に移行し大規模なサービス改変となりました。

読み放題だったものがコイン制となったことで改悪との声も聞かれます。

ただ、コンテンツが買い切りになったことで購入したコンテンツは退会後も利用できるなどの良い点もあったりします。

今回はそんなAmazonの新サービスaudible(オーディブル)を使ってみた感想を伝えようと思います。

Amazonの朗読サービス、audlible(オーディブル)

このaudible(オーディブル)というサービスでは「本を「朗読」で聴こう。」をテーマの下、プロの声優や著名人の朗読で読書を楽しめるサービスです。

対応機器はスマートフォンやタブレットのアプリだけでなくパソコンを用いたデスクトップ版アプリも用意されており、家でも外でもいつでも好きなときにコンテンツを利用することができます。

対応している朗読コンテンツはビジネスや自己啓発などの実用本から小説などの物語はもちろんあります。

また落語や英語コンテンツなど音声を利用することでその抑揚やリズムを聴くことで勉強や楽しみが倍増するコンテンツまでそろっています。

特に個人的には声優の朗読によるライトノベルの読書は新しい体験であると感じました。

そんなaudibleの概要と特徴は以下の通りです!

月額会員になることで、毎月1コイン付与(繰越可能)&割引価格で対応コンテンツが購入可能

audible(オーディブル)の月額会員は月額1,500円で利用できるサービスです。

月額会員になるとaudibleが読み放題になるわけではないので注意してください。

会員になることで、

  • 月に一度1コイン付与
  • 通常より割引価格でコンテンツの購入が可能

の特典が付与されます。

それぞれ次の項目で詳しく説明します!

コインで好きな対応コンテンツを金額に関係なく購入可能

コインとはaudibleコンテンツの交換券のようなものです。

月に一度付与されるコインを利用してどれでも対応コンテンツを1つ購入することができます

しかもコインの利用であればコンテンツの金額は関係ありません

月額は1,500円なので、audibleコンテンツがたとえ3,000円だとしてもコインを利用すれば購入することが可能です。

よりおトクに購入できるようになっています。

会員なら通常価格より30%の割引価格で購入可能

コインを利用する以外にもaudlble(オーディブル)会員であれば定価の30%オフで購入することも可能です。

たとえコインを利用しきってしまったとしても通常のように購入することができます。

高いコンテンツはコインを利用して購入し、より安いコンテンツは割引購入するという使い分けも可能になっているということです。

audible会員なら聴き始めた後でも返品交換が可能!

audibleコンテンツの肝はやはり朗読者の抑揚や喋り方が自分に合っているかどうか。

聴きたいコンテンツがあっても実際に使ってみると思っていたのとちょっと違うということもあると思います。

そういった場合でもaudible会員なら返品することが可能です!

実際に聴いてみて違うと思ったら別のコンテンツと交換する、すごく便利です!

しかも、返金は購入後365日以内まで可能です。

コインでの購入はコインが戻り、クレジットカードでの購入はカードに返金されます。

返金されたコインは6ヶ月以内の利用制限があることには注意が必要です。

一冊読み切ったとしても交換が可能ですが、6ヶ月の制限などがあることを考えても本来の趣旨ではないので避けるべきだとは思います。

注意

返品できる回数には制限があります。

公式では詳しいことは書いてありませんがふとしたときに返品できない場合もありますので、無駄な乱用は避けるようにしましょう。

audible会員を退会しても購入したコンテンツはずっと利用できる!

コインで購入したコンテンツも割引購入したコンテンツもどちらも会員退会後に継続して利用することができます

つまり、これまでのオンデマンドの聴き放題と違い買い切り型になっているということがいえます。

退会後のコンテンツ利用に関しても制限はありません。

これにより、聴きたいコンテンツがあるときだけ会員になって購入した上で1ヶ月で退会するという利用方法もできるということです。

今なら30日間無料体験で1冊無料で体験できる!

そしてそんなaudibleですが他のサービスと同様に無料体験が可能です!

ただコイン制のサービスのため読み放題になるわけではなく会員と同じように1コイン付与されて1冊体験できる仕組みになっています。

とはいえ、もう一つの会員特典である30%オフでの割引購入もできるので実際の会員が1ヶ月体験できるということですね。

早速体験してみたい方は以下のリンクから無料体験に申し込みが可能です!

audibleを30日間無料体験してみる!

audible(オーディブル)を実際に使ってみて感じた良い点やメリット

では、次に実際にaudibleを使ってみて感じたことを列記していきます。

個人的には満足できるかなーと思っています。

聞き流しで利用できるのでどこでも聴きやすい

やっぱり聴くって楽だなーと感じます。

例えば外出時や通勤時の電車に乗っているときでも、書籍や電子書籍のように手元を広げることなく読書することができます

当たり前かもしれないけど、これってすごい楽よ?

だって、満員電車で読書って無謀じゃないですか。

また座っているときでも目を閉じて聴くことに集中できるので、意外と読書に集中できる!
寝落ちしてしまうこともありますが。。

その他家にいるときでも例えば別のことをしていてもとりあえず流して聴くことができます

また、朗読スピードや再生停止もコントロールできるので少し早くしてみたり、重要なところはもういちど聴いてみたりと操作することも簡単です。

語学学習にはやはり最適

やはり語学学習には便利です。

語学という面ではやはり聴いて学習できるということは効果が高いです。

また洋書とかを読むに当たってはどうしても時間がかかってしまうので進まないストレスから徐々に読むのをやめてしまう。。

audibleで聴けばいやでも進んでしまう!

それじゃ内容入って来ないじゃん!て思うかもしれませんが、少しストレスを与えるくらいのほうがより聴こうとするので効果が高いです。

また、自分のわかるところだけでも大まか内容は理解できたりします。

というよりも自分の実力にあったコンテンツを選ぶというのが重要な気がしますけどね。

またNikkei Asian ReviewやThe Japan Timesなどの週刊誌も350円ほどで購入できるので、こういう使い方もあり!

繰り返し聴くのが苦にならない

そして、audibleの個人的にすごく良い点がこれ。

繰り返し聴くのが気軽にできる

ただ読むだけどどうしてもそれだけに時間が取られてしまうので、1回読んだらおわりってなりがちです。

でもaudibleであれば流し聴きができるので、別のことをしながらでも聴くことができる

これならビジネス書とか自己啓発書でも忘れていた重要項目とかを簡単に思い出せる!

また、洋書などの語学用コンテンツについても定着させるには繰り返しやることが重要!

そういった意味ではaudibleの活用法はこういうところにあるのかなと思います。

1コインで安く購入できる

audibleストアを見てて感じるのは、

コンテンツ高すぎる!

普通の書籍や電子書籍に比較して2倍~3倍くらいの値段がします。

少し億劫にもなるのですがaudible会員ならコインがあります!

月額1,500円でコインが毎月1枚もらえてそれでどのコンテンツでも交換ができる。

高いコンテンツほどおトクに購入することができるのがいい

audibleを30日間無料体験してみる!

audible(オーディブル)を実際に使ってみて感じた悪い点やデメリット

次にaudible(オーディブル)のあんまりよくないところ。

サービス設計というよりはコンテンツ自体に課題がありそうなイメージがしています。

やっぱりコンテンツが高い

コインがあるとはいえ毎月1枚

それを1ヶ月ずっと楽しめるペースならいいんだけど、そうじゃないときってあるじゃないですか。

特にaudibleで小説とかラノベを聴いたりするとすぐ続きが気になるじゃない?

そういった場合に追加購入するときはすごく億劫になる。。

確かに30%割引にはなるだけどもそれでも普通の書籍よりは高いです。

その価値を見いだせるかは難しい

ラノベだったら声優が朗読するという独自性とかも出しているので、こういった趣旨の独自性が出てくるといいのかな。

朗読者のペースに引っ張られて違和感を感じる。

これも感じる点。

普通の読書の場合だと自分のペースで読むことができる。

これってすごく重要で、実際に読むときって自分の頭の中で脳内再生して読むのでその感覚と朗読者の読み方が違うと違和感がある。

自分にとってどうでもいいところってザーって読んだりするけどaudibleだとどの文章も丁寧に同じように読まれる

このペースが上手くつかめない。。

流石に読みながら再生速度を変えるのも面倒なので。

特に小説やラノベはキャラの演じ分けに課題

あとこれは小説とかラノベをaudibleで聴くときにもすごく感じることで、小説とかラノベって自分の中でキャラのセリフに勝手にイメージをつけて読むじゃないですか。

ただaudibleだとたとえプロと言っても朗読者は1人か2人なので、それだとやっぱりキャラの演じ分けが不十分

慣れればいけるけど最初はきついかも。。

アニメだったら違う人が演じるけどaudibleだとその演じ分けに違和感を感じてしまう

多分これは朗読者も感じてる苦悩だと思うけども。。

ラインナップはまだまだ豊富とはいえない

あとはラインナップ

一応最近の人気書籍とかを中心にaudible化しているので読みたいコンテンツとかはすぐに見つかる。

見つかるけどどうなんだろうと感じるときはあります。

特に小説とかだとジャンルも冊数も膨大なので、自分の好きな作家さんとかがなかったりaudibleなら片手間に聴いてもいいかなーって本が見つからないこともあります。

まあコインは月に一度なのでちょっとずつ聴いていればそのうち時間が解決してくれるとは思うけどね。

総評:audibleは多読には不向きだけど、空き時間や移動時間に少しずつ利用するならアリ!

これまでを踏まえての自分の意見は、

毎月1冊をちょっとずつ読み進めたり繰り返し利用するならアリ!

やっぱり最初のうちは利用したいっていう動機が強いけど長期的にみたら使わなくなりそう。。

そういった意味では購入したコンテンツは退会後も利用し続けられるのはいい!

それにちょっとずつ利用するなら2~3,000円のコンテンツを毎月1冊1,500円で購入できるというのはおトク!

そういった意味だと飽きないようにちょっとずつ、もしくは気になる本とか語学学習として繰り返し利用する使い方がベスト

そういうように利用するのがaudibleの使い方かなと思いました。

まずは30日間無料で1冊お試しできるのでじっくり検討してみることをおすすめします。

audibleを30日間無料体験してみる!

おわりに

ということで今回は、Amazonの朗読サービスaudibile(オーディブル)のメリットとデメリットについて、実際に使用してみて感じたことを書いてみました。

すごくいいところもあるけど悪いところもある

これを天秤にかけたときどっちが勝るかはその人次第かなとも思います。

もしよければ30日間無料で1コイン付与されるので、お試ししてみてください!

それじゃ!

コメントを残す