色のない日々に彩りを

日々のあれこれ気になることを書き留めていく。

[CDレビュー]バンドリ「ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!」

SPONSORED LINK

どうも、しーとです。

ぴこぱこ、ぷぽっと、ガルパピコ。

はい、蛇足でしたね。。

ということで、バンドリプロジェクトからスピンオフタイトルとしてアニメ化された『バルパピコ』の主題歌、

ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!

が発売されました。

Amazon: ピコっと! パピっと! ! ガルパ☆ピコ! ! ! (ブシロードミュージック)

デフォルメされたキャラクターがかわいいですね。

バンドリのバンドが出す曲とは違い、デジタルサウンドをふんだんに使ったポップソングとなっていて、これまでのバンドサウンド系統とは離れて、逆にこういった企画らしくも新たしい、そんな曲になっています。

またカップリングには、バンドリプロジェクトの5バンドのボーカルが初共演した曲「くいんてぃぷるsmile」がこれまで配信限定でしたが初のCD化です。
こちらも見逃せません。

ということで、そんなピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!を紹介していきます。

 

 

香澄×蘭×彩×友希那×こころ

こちらの5人が共演です。
それぞれ紹介していきましょう!

 

Poppin’ Party!―戸山香澄(CV:愛美)

まずはバンドリのメインバンドPoppin' Party!(ポピパ)のボーカル、戸山香澄。
赤い星のギターがトレードマークで、おっちょこちょいな性格をそのままに表した、ポップな歌声が魅力。

演じるのは愛美さん。
生き写しかのようにばっちり写し合わされるキャラとリアルが曲にマッチして、違和感なくポピパ曲を歌い上げます。

ちなみに、『アイドルマスター ミリオンライブ!』のジュリア役としても、ギターを持って弾き語りをしています!

 

Afterglow―美竹蘭(CV:佐倉綾音)

次に、バンドリの中でも正統派ロックバンドAfterglow(アフグロ)のボーカル、美竹蘭。
どうしても名字に毛利が出てきてしまう。。。

赤のレスポールタイプのギターに黒のピックガードが映えるギター。
そして、髪にも赤のメッシュがあるロックな出で立ちながら、意外とお家は立派で。。
飾りげのないストレートなスタイルで、ロックをかき鳴らします。

演じるのは佐倉綾音さん。
声優が本業になるかと思いますが、バンドリで歌にも挑戦。
本人のキャラとは裏腹に、クールな蘭を演じるのはもちろんのこと、歌ではストレートに伸びるハイトーンを披露しています。

 

Pastel*Palettes―丸山彩(CV:前島亜美)

お次は、アイドル系ポップバンドPastel*Palettes(パスパレ)のボーカル丸山彩。
まん丸お山に彩りを、でお馴染みです。。はい。

ボーカル一本で、歌にダンスにとアイドル道を突き進む彼女。
可愛らしい声から醸し出されるニュアンスがよく、歌をしっかりと食っていく姿はまさにアイドル。

演じるのは前島亜美さん。
これまた、声が独特でいいんだ。

キャラとマッチした歌声はこれまでにない味が出ていて、すごくハマります。

しかも本人、女性アイドルグループSUPER☆GiRLSの元メンバーなんだから驚きだ。

 

Roselia―湊友希那(CV:相羽あいな)

そして、ゴスロリ系ヘビーロックバンドRoselia(ロゼリア、そのままです。。)のボーカル、湊友希那。

高尚な出で立ちからは想像できない力強い歌声で、華麗に歌い上げる様は圧巻です。
クールなキャラで、何人たりとも寄せ付けないオーラをまとっています。

演じるのは相羽あいなさん。
いろいろな経歴を持っていますが、友希那のキャラと本人のキャラが違うので、どうしても変なイメージを持ってしまう。。笑
力強い歌声はソロでもやっていけるんじゃないかというほど、重厚なサウンドのRoseliaにマッチしています。

実は、けものフレンズの中のペンギンユニットPPP(ペパプ)のイワトビペンギンだったりします。

 

ハロー、ハッピーワールド!―弦巻こころ(CV:伊藤美来)

最後は、マーチング系ポップバンド、ハロー、ハッピーワールド(ハロハピ)のボーカル、弦巻こころ。

天真爛漫な性格そのままに、自由に壮大に駆け回る楽曲は正に弦巻こころそのものです。
独特の世界観は他のバンドとは違って、ハマったらハマりまくります。。

演じるのは、伊藤美来さん。
歌手活動もされていますが、こころの歌声を出すのは多分大変そう。
それでもちゃんと歌い分けられるところがすごいですし、どちらもいいです。

『アイドルマスター ミリオンライブ!』の七尾百合子役も演じていたりします。

 

ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!

今回は、表題曲のピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!とカップリングにクインティプル すまいるの2曲入のシングルとなっています。

デジタルサウンドを基調としたポップソングと、バンドサウンドを軸にポップに奏でるロックソングの2曲の対比のバランスがいいです。
こういう引き出しの多さというか、曲のバラエティさが企画もののいいところですね。
偏ったり、変に世界観に凝った変化がないので、安定して聴けます。

色の違った2曲ではありますが、バンドリの世界観とはこういうものだ!と、エッセンスを凝縮した曲になっていて、わかりやすいです。

Amazonで「ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!」を探してみる!

こちらは、Amazon Music Unlimitedでも聴くことができます!

 

1曲目「ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!」

バンドサウンドよりもデジタルサウンドを基調にして、これまでのバンド路線とは一味違った楽曲が新しい。
5人のボーカルキャラの共演で、それぞれのボーカルの味を活かしながら、勢いよく走り抜けていきます。

最初は8ビットのゲーム音楽ぽいイントロから、デジタルサウンド全開でそれぞれのソロパートを繋いで展開!

サビは、耳に残るキャッチーなフレージングで楽しく仕上がっています。

 

2曲目「クインティプル すまいる」

ピアノのきれいな音から流れるように始まり、ギターの歪んだ音がほとばしるイントロ。
ミドルテンポでしっかりリズムを刻んで、5人が代わるがわるメロディを奏でていきます。

サビでは5人のユニゾンで力いっぱい奏でる姿が気持ちいい!
裏に入るコールもよく、楽しい曲になっています。 

バンドリを象徴する曲ともいうべき、愉快なエッセンスが詰まった楽曲です!

 

販売情報

e-onkyoにてハイレゾ配信中!

 

おわりに

ということで今回は、ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!! の紹介でした!

愉快な楽曲が落ち込んだ気分も盛り上げてくれます。

スピンオフ作品て本作品と離れていく傾向にありますが、これは本流をもっとポップにした感じで親しみやすいです。

そんな雰囲気が楽曲にも反映されてて、楽しいです。

それじゃ!



© 2017- 色のない日々に彩りを All rights reserved.