色のない日々に彩りを

日々のあれこれ気になることを書き留めていく。

[CDレビュー]亜咲花「Eternal Star」

SPONSORED LINK

どうも、しーとです。

今日は、CDレビュー。

名前や姿以上に力強い歌声で、伸びやかに歌い上げる実力派アニソンアーティスト、亜咲花さんから、ニューシングルがリリースです。

5thシングルとなる今回は、

Eternal Star

Amazon: Eternal Star(DVD付盤) (5pb.Records)

裏拍のシンバルの音がリズムよくアップテンポで奏でていきます。
弱冠18歳ながら大人びた力強い歌声が、前作の「Shiny Days」とは違って、クールな一面を見せてくれます。

そんな亜咲花さんの5thシングル、Eternal Star」のレビューです。

 

最近のアニソンの歌手の中でも実力はピカイチ!

安心して心地よく聴いていられるにゃ〜

 

 

亜咲花

「亜細亜に咲く花」の意味を込めてつけられた亜咲花(あさか)という名前に恥じない、ハイが伸びて力強く奏でる澄んだ声が魅力のアーティスト
実力は十分です。

2016年の16歳のときにデビューし、ここまで5作のシングルをリリースしています。
アニメ『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』のEDOpen your eyesでデビューし、ゲーム『OCCULTIC;NINE』のOPPlay the gameなども歌われています。

幼少期にアメリカで過ごした経験から英語もバッチリで、英詞曲も歌っていたりします。

クリアな声を活かすように、アニソンらしいポップできらびやかな歌が似合いますが、ロックなバンドサウンド曲にも挑戦してほしいです。
ハイトーンを活かす曲が増えていくといいですね。

今後の活躍に超期待です。

 

5th Single「Eternal Star」

さて、今回のシングルは、アニメ『ISLAND』のEDとして起用され、今回の表題曲となったEternal Starとそのカップリング曲Marine SNOW、そしてEternal Star」の英詞バージョンが収録された3曲入のシングルです。

テンポよく流れるように進むEternal Starは、彼女らしい澄んだ歌声を存分に引き立てている一方、カップリングのMarine SNOWでは1曲目とは違い、しっとりと奏で、メロディをしっかりと歌い上げていきます。
また、英詞バージョンの「Eternal Starは、また曲の雰囲気が変わりより力強い印象を与えて、また違った一面が見られます。

 

―収録情報―

今回のシングルでは、Eternal Star」のミュージックビデオとそのメイキング映像が収録されたDVD付きの限定版があります。

こちらも要チェックです。

Amazonで「Eternal Star」を探す!

こちらの楽曲はAmazonの定額音楽サービス、Amazon Music Unlimitedでも視聴可能です!

 

1曲目「Eternal Star」

ノリの良いドラムの入りから、ストリングスとピアノのきれいな音で奏でるイントロが流れ出します。
爽快感と勢いをそのままに、Aメロに進み、リズムを変えてBメロで助走をつけて、サビへ駆け出していきます。

伸びやかな歌声を存分に発揮し、ひらけた空を思わせるような壮大な雰囲気の曲に仕上がっています。

2番ですこしリズムを落ち着かせつつメリハリをつけて進み、あっという間に曲が終わってしまい、ちょうどいい余韻感

バランスが良くて、好きです。

 

2曲目「Marine SNOW」

タイトルにある雪をイメージさせるように、ローテンポで幻想的な雰囲気に仕上げた楽曲。

しっとりとメロディを歌い上げ細かな歌声のニュアンスが伝わってきて、ほどよい感傷に浸れます。

曲自体はバンドサウンドとピアノでしっかりと作られ、リズムががっちりしているので聴きやすく、Aメロで落としたところに味をもってきつつ、サビは彼女の良さを活かしたメロディが奏でられます。

ところどころ入る英詞がアクセントとなって、一辺倒にならない歌詞も注目です。

2番ではあえて、サビに行かず間奏に持っていく構成で、その間奏の泣きのギターで感情を高めていくのもいいです。

 

3曲目「Eternal Star English ver.」

3曲目には1曲目の「Eternal Star」の英詞バージョンが収録されています。

無理のない歌詞回しで、しっかりと英語詞を歌い上げていきます。
帰国子女といえばそれまでですが、英語らしいニュアンスを日本語の曲で出すのって意外と難しいんですよね。

曲調が日本ぽいだけに日本の曲に感じますが、メロディ自体は十分洋楽
こっちで十分通用する歌い方と歌唱力がわかります

こちらのほうが若干大人ぽく、しっかりとした歌い方で落ち着いた一面が見られます。

 

―販売情報―

おわりに

ということで、今回は亜咲花さんの5thシングル「Eternal Star」のレビューでした。

アニソンという枠にとどまらず、今後もマルチに活躍してもらいたいアーティストです。
どこぞの音ゲーでのアーティストとは違って、実力は申し分ないです。
これからも引き出しを増やして、いろいろな曲にチャレンジしてもらいたいです。

今後もこういったアーティストを紹介していきたいと思います!

それじゃ!

 



© 2017- 色のない日々に彩りを All rights reserved.