色のない日々に彩りを

日々のあれこれ気になることを書き留めていく。

Prime Nowを使ってみてわかったメリット・デメリット

SPONSORED LINK

Prime Nowを使ってみてわかったメリット・デメリット

どうも、しーとです。

 

突然ですが、みなさんはプライム会員ですか?

 

プライム会員といえば、送料が無料になったりと、

何かといろいろな特典を受けられるAmazonの有料サービスです。

 

ほんとにいろいろなサービスがあって、

全部使いこなしている人は少ないのではないでしょうか

 

今回はそんなプライム会員が利用できるサービスの中で、

Prime Nowという最短1時間以内にお届けしてくれる配送サービスについて、

取り上げてみました!

 

頼んでから1時間で届くとは、まさに

デリバリーピッツァア!

 

ということ、今日はPrime Nowの体験記事です。

 

  

Prime Nowとは

Prime Nowはプライム会員のみが利用できる配達サービスで、

エリア限定ではあるものの、

生鮮食品や生活雑貨、さらには家電まで含めた最大6万点の商品を、

注文から最短1時間以内でお届けしてもらえるサービスです。

 

選択できる商品は最大6万点

食料品や日用品そして、ゲームや家電まで、

品数は通常サービスには及ばないものの、急に必要になったものなど、

お急ぎの注文をすぐに配達してくれるので便利なサービスとなっています。

 

なんでも気軽に頼めるわけではないので、注意!

 

1時間以内配送と2時間便

1時間以内に届くという高速のデリバリーサービス。

 

なんかデリバリーピザにみたいな速さですね。

とはいえ、全て1時間で配達しているわけではありません

 

Prime Nowの配達方法には2つの選択方法があり、

1時間以内に配送を行う「1時間以内配送」

2時間ごとの受取り枠を指定できる「2時間便」の2種類があります。

 

1時間以内配送にはは890円の送料がかかりますが、

2時間便は無料です。

 

また、道路状況や注文状況によって、

そもそも1時間以内配送が利用できない場合もありますので、

注意が必要です。

 

注文は2,500円以上から

また、注文金額が2,500円以上という制約があります。

 

なんでも気軽にすぐ届けてくれるわけではないので、

食料品や日用雑貨などある程度まとめて頼むことが必要です。

 

配送時間は朝8時から深夜0時まで

配送時間は朝8時から深夜0時までとなっています。
1時間以内配送であれば、最大で23時に注文することも可能です。

 

2時間便では、翌日までの朝8時から深夜0時までの2時間枠が指定できるので、

場合によっては通常注文でも問題ないかもしれませんが、

宅配業者は19-21時までしか指定できないのが大半です。

 

そう考えれば深夜にも届けてくれるこのサービス

家に宅配ボックスがない場合や帰りが遅い方には便ですね。

 

対象エリアは限られている

現在の対象エリアは、

東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県、これら5都府県の一部エリアとなっています。

お住いの地域が対象かは以下のページから確認することができます。

 

www.amazon.co.jp

 

実際に試してみた!

ということで、こんな便利なサービス。

実際に使ってみました!

 

まずは専用アプリをダウンロード

Prime Nowは、通常のAmazonアプリから使用するのではなく

専用のアプリから注文することが出来ます。

 

なお、PCなどのWEBブラウザからは利用できません。 

 

住所登録などアプリの設定

アプリをダウンロードしたら、

まずは初期設定です。

PrimeNowアプリ画面-郵便番号

 

アプリを開くとこの画面になり、

自分の住所の郵便番号を入力して、対象の地域かどうかを確かめます

 

PrimeNowアプリ画面-地域確認

 

対象地域であれば、Amazonアカウントへのサインインに移り、

商品選択の画面が表示されます。

 

配送の指示もできる配送画面

アカウント設定して、2,500円以上の商品を選んだら、

配送画面に移ります。

 

PrimeNowアプリ画面-お届け時間

 

現在の時間から配送可能な時間が表示されます。

 

今回はお試しなので、1時間以内を選択しました。

800円かかります。。

 

またPrime Nowでは、配送指示をお願いすることが出来ます

 

これで、自宅のどこに置いてほしいかや、事前に電話をしてほしいなど、

要望を連絡することができます。

PrimeNowアプリ画面-配達時の注意点

 

配送状況はアプリで簡単に把握

こうして注文をしたあとの画面がこちら。

PrimeNowアプリ画面-配達地図1

 

私の詳細な住所は見せられませんが、

豊洲近くの配送センターから発送されるようです。

 

配送準備が整い、配送が開始されると、

紫の点でリアルタイムに配送状況を確認する事ができます

 

PrimeNowアプリ画面-配達地図2

 

あとどのくらいで着くかがわかりやすくていいです。

 

梱包はPrime Now専用に

そして、Prime Now専任の配達員が到着して、

荷物を受け取ります。

 

通常の商品はこのような紙袋に入って届きます。

PrimeNow-配達袋1

 

要冷蔵の商品の場合は、配達員が保冷袋に入れて配達し、

受け取り時にはこのようなビニール袋に入っています。

PrimeNow-配達袋2

プレモルが見えてるw

 

このような形で、1時間以内、もしくは指定の2時間以内に配達してくれます。

 

SPONSORED LINK

 

Prime Nowのメリット

ということで、Prime Nowについてまとめてみました。

 

配送状況をリアルタイムで確認し、配送指示もできる

Prime Nowでは、配送状況を専用アプリで確認することができます。

 

配送経路を、リアルタイムに地図上で確認できるので、

他の作業をしていても目安をつけることができます。

 

また、一部の商品を除き、もし受取時に在宅できなくても、

商品を置いてくれる「置き配」サービスが利用できます

 

宅配ボックスやご自宅の玄関などに置いてくれるので、

万が一帰宅が間に合わなくても安心です。

 

ただし、宅配ボックスには空きがない場合があるので、

その点は気をつけましょう。

 

もし不在で商品を受け取れなかった場合は、

キャンセル扱いとなりますので、ご注意ください。

 

生鮮品や冷凍品も買うことができる

通常サービスで利用できないものとして、

要冷蔵・冷凍の商品も取り扱っている点があります。

 

直接、保冷ボックスにいれて配送するため、

Prime Nowであれば、生鮮品や冷凍品を買うことが出来るのが特徴です!

 

食料品以外も買えるのがいい

また、基本こういう速配サービスって食料・飲料が多いですが、

日用品なども買えるので、明日でかけるから必要!ってときとか便利です。

 

また、本やゲームなども一定種類はあるので、

あ、あの本このゲーム今日発売だった!ってときとかにも、

気軽に頼めるのはいいですね。

 

特にゲームであれば最低購入金額もラクラク超えますしね。

 

Prime Now限定セールや限定販売も

そして、Prime Now限定でセールが開催されていたりします。

 

そのほか、過去にはPrime Now限定で、

品薄であったNintendo Switchの販売もあったようです。

 

通常よりも安く買えるように設定されているセールや限定販売もあるので、

定期的にチェックしてみるのがいいです。

 

Prime Nowのデメリット

次にデメリット。

 

2,500円が結構な出費

すぐ届けてくれるのは確かに便利!

 

でも、買い物すればすぐ2,500円とか買ってしまいそうですが、

その気がないときに2,500円までいかせるのは意外と難しいです。

 

日頃から、合わせ買いのときに買おうとか思っていないと大変です。

 

それに一人暮らしの場合は日用品や食糧の消費も少ないので、

そんなに何回も買ってられません。

 

とはいえ、メリットで書いたように、ゲームなど、

すぐほしい単価が高いモノであれば利用価値は十分にあります。

 

かゆいところに手が届かない商品数

6万点の商品が選べるとはいえ、

Amazonの通常の品揃えは数千万点とも言われます。

 

そう考えると、

6万点は少ない。

 

意外と定番商品がなかったりするので、

注意が必要です。

 

というのも、配送センターからの直送となっているので、

その配送センターの在庫状況によって

選べる商品が変わるということです。

 

1時間以内の高い配送料

Prime Nowの目玉である1時間以内の配送。

これを利用するのに必要な890円の送料。。

 

これは高いです。

 

これほど緊急性が高かったら、

自分で買いに行けや!

って場合もあったり。。

 

基本の使用は送料無料の2時間便になりそうですね。

 

とはいえ、急な来客時など、何か準備が必要なときにはすぐ届けてくれるので、

オプションとして1時間以内に届くサービスがあるという

理解はあっていいと思います。

 

 

おわりに

ということで今回は、Prime Nowの紹介でした!

 

プライム会員なら誰でも利用できるサービスですので、

是非、利用してみてください。

 

さらにネットショッピングの概念が変わりますw

 

また、プライム会員の無料期間でもこのPrime Nowは利用可能ですので、

まだ登録していない方は試しに利用してみるのはいかがでしょうか

 

それじゃ!

 

amazonプライム会員になって30日間無料体験をしてみる!



© 2017- 色のない日々に彩りを All rights reserved.