色のない日々に彩りを

日々のあれこれ気になることを書き留めていく。

2018年期待のおすすめ新作RPG「OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)」まとめ

SPONSORED LINK

どうも、しーとです。

SQUERE ENIXの新作RPGがNintendo Switchから登場です。
その名も、『OCTOPATH TRAVELER』

www.jp.square-enix.com

 

往年のJRPGを彷彿とさせる2Dドット絵をベースに、立体的に視覚化する新しい表現方法を取り入れたグラフィックに、コマンドバトル
スクエニならではのジョブシステムも組み込んだ歴史を感じさせるスクエニが贈るRPGの最新作です。

今日はそんな『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の世界観を始めとしたゲーム情報から販売情報まで余すことなくまとめてみました。

 

2018年期待のRPGであることは間違いない!

Nintedo Switchのゲームは評価が高いから期待できるにゃ~

 

 

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)

制作は、FFやドラクエを世に送り出したSQUARE ENIX
個人的には下請けとなっているゲーム会社が気になるところですが、スクエニらしさをふんだんに取り入れたRPGになっています。

今回のゲームは、Nitendo Switch向けのゲームですが、スクエニが任天堂の据え置きハードで出すのは珍しいですね。

そしてこの作品は

全世界同時発売!

となっており、世界的に打ち出す新たなスクエニのRPGとなっています。

www.youtube.com

 

タイトルに込められた意味

オクトパスと聞くと、「タコ」を思い浮かべると思いますが、タコのスペルは"octopus"です。
しかし、このゲームのスペルは"octopath"になっています。

字義を分解してみると、まず"octo"には「8」という意味があります。
そして、"path"はいわゆる「道・通り」という意味になっています。

つまり、"octopath"で「8つの道」という意味になります。

このゲームのテーマは、「8人の主人公が織り成す物語」ですので、タイトルにもこのような意味が込められているんですね。

 

とはいえ、オクトパスってのはなんか変な印象がついちゃう気が。

 

ストーリー

さきほど記載しましたが、今回のRPGでは、

8人の主人公たちが織り成す物語。

それが『OCTOPATH TRAVELER』のテーマになっています。

各主人公がそれぞれ異なった背景や経験を抱え、自身との葛藤だったり宿命であったり、そういった因縁に対峙していく壮大な設定はまさにJ-RPGらしい作り方

そして、それをどのように織り交ぜてまとめていくのかは、見どころです。

 

www.youtube.com

 

システム

そして、このゲームの基本的なシステムの解説です。

往年のRPGらしいシステム現代風の要素を織り交ぜた、また新しいアプローチのRPGとなっています。

 

完成されたターン制コマンドバトル

スクエニのRPGらしく、コマンドバトルです。
ある意味、原点回帰っぽい雰囲気がブレイブリーデフォルトを思い出させますが、システム的にも似てたりして、スクエニらしいバトルが楽しめます

 

敵の弱点がバトルの鍵

スキルの属性攻撃する武器によって、敵が弱点をそれぞれもっており、戦闘を優位に進めることができます。
そして、弱点を突くことがこのゲームのバトルの肝でもあります。

 

難易度は高め

そして、行動順が上に表示されるものの、中々に戦闘は難易度が高い

序盤から敵がぶっ潰しにやってきます。

しっかり行動順やスキルや攻撃のタイミングを計ることが重要です。

 

「ブレイク」や「コマンドブースト」などのバトルシステム

そして、ただのコマンドバトルだけでなく、ターン制ならではの戦略的要素が盛りだくさんです。

 

ブレイク

弱点攻撃などを通じ、敵のシールドポイントを削ることで、ブレイク状態にすることができます。
これによって、相手の防御力が大幅に下がります
いわゆる無防備状態ですね。

最近のゲームでよくあるシステムで、似たようなシステムになっています。

 

コマンドブースト

そして、コマンドブースト
ターン数経過によって貯まるBPを使用して、使用するコマンドをブーストすることができます。
ブレイブリーデフォルトっぽいシステムですね。

最大3段階まで威力を上げることができ、重要な局面で使用することで絶大な効果を発揮します。
ブレイク時には相手の防御力が大幅に下がっているので、組み合わせて大ダメージを狙うことが出来ます。

www.youtube.com

 

キャラクター固有の「フィールドコマンド」

このゲームらしいシステムが、8人の異なったキャラクターの固有能力です。
それぞれのジョブに似合った能力を持っています。

 

フィールドコマンド

まずは、探索で役に立つフィールドコマンドです。
これは各主人公のジョブに応じて、面白い固有コマンドが用意されています。 

これによって、クエストをすすめたり、自分を優位に立たせたり、時にはレアアイテムや隠しアイテムなども手に入れることが出来るようです。

www.youtube.com

 

自由に成長させられる「アビリティ」や「ジョブ」

そして、各キャラクターの戦闘能力に関わるアビリティ
各ジョブにふさわしい能力が与えられています。

盗賊だったら素早さが速かったり薬師は回復役だったりイメージどおりの戦闘が楽しめます。

 

アビリティ

各ジョブのスキルは、プレイヤーの好きな順番で習得させることが可能です。
キャラクターによって攻撃や支援に特化させたり、万能型に成長させることも可能です。

 

もう一つのジョブ

そして各キャラクターは、特定の条件でジョブをもう一つ習得することができます。
これによってプレイヤーの自由度が更に高くなり、支援役に攻撃職を覚えさせたり、回復と支援を得意とする白魔道士的なポジションを作ったりと、様々にできます。

キャラクターのステータスを見極めることが重要になってきそうです。

www.youtube.com

 

キャラクター

次にこの物語の核となるキャラクターの紹介です。
このゲームでは、プレイヤーは8人の主人公を操作し、それぞれが織りなす物語を進めていきます。

 

商人 トレサ・コルツォーネ

まずは、商人としてこの世界を生きるトレサです。

君は、中つ海望むコーストランド地方の港町で両親が営むよろず屋で"商人"として働いていた。
君はいつも、海を見つめながら考えていた。
自分がしたいことって?本当に手に入れたいものは何?
「あの水平線の向こうには、何があるのかな?」
そんなある日、君の前に一隻の商船が現れる――

トレサ・コルツォーネ | TRAVELER | OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー) | SQUARE ENIX

可愛らしく天真爛漫な少女のようにイラストは描かれています。

 

支援系スキル

バトルでは、お金を使って傭兵を呼び出したり、仲間にBPを分け与えたり、商人らしく支援向きなタイプでしょうか。
ただ、自身のHPやMPを回復できるスキルがあるようで、道具の消費を抑えられるよう。
個人的には、アイテムを使う方だと思うのですが。。

www.youtube.com

 

フィールドコマンド:買取る

彼女の固有スキルは「買取る」です。
商人として街の人から所持品を文字通り買取ることができます。
このスキルを駆使して、困っている人を助けたりしながら、ストーリをすすめていくようですね。
また、レアなアイテムをゲットできたりも?

www.youtube.com

 

踊り子 プリム・ロゼ 

次に踊り子としてこの世界を生きるプリム・ロゼです。
現在配信中の体験版で遊べるキャラクターになっています。

君は、砂漠広がるサンランド地方にある
歓楽街で"踊子"として暮らしていた。
しかし本当の君は、有力貴族エゼルアート家の令嬢である。
君は踊子に身をやつしながら、ある男を捜しているのだ。
「カラスの入れ墨……お父様を殺した男……!」
そんなある日、君は酒場に現れた1人の男に目を奪われる――

プリムロゼ・エゼルアート | TRAVELER | OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー) | SQUARE ENIX

イラストは妖艶な雰囲気を醸し出すお姉さんという感じのキャラですね。
踊り子として生きながら、大きなものを抱えています。

そして、体験版でも感じられますが、ちゃんと「芯」を持って行動する強い心をお持ちのようです。

 

支援をメインに攻撃も可能な万能スキル

バトルでは、踊り子らしく踊りをメインにしたスキルを使用します。
踊りによって味方に様々なバフを発動させたりしますが、それ以外にも攻撃可能な魔法と同等のスキルとなる踊りもあったりと、攻守に渡って活躍できるスキルを持っています。

www.youtube.com

 

フィールドコマンド:誘惑

そして、彼女が持つフィールドコマンドが「誘惑」です。
町の人々に話しかけることで、その人をパーティとして連れ回すことができます。

これによって、イベントを進めたり、戦闘に参加させることも出来るという。
面白いですね。

www.youtube.com

 

剣士 オルベリク・アイゼンバーグ

次に、重装備の剣士であるオルベリク・アイゼンバーグです。
FF9のスタイナーやFF12のバッシュを彷彿とさせます。

プリムに続いて、体験版で遊べるキャラクターです。

君は、山々に囲まれたハイランド地方にある
小さな村に身を寄せている"剣士"だ。
かつて、王国で"剛剣の騎士"と呼び称えられた君だが
ある戦乱で敗北を喫し、敬愛する王と国を失った。
「俺は、なんのために剣を振るえば……」
そんなある日、君は思いがけず1人の男の名を耳にする――

オルベリク・アイゼンバーグ | TRAVELER | OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー) | SQUARE ENIX 

落ちぶれてしまった剣士、でも超強い、みたいなよくある設定。
やはり剣士は守るべきもののために剣を振るうということですね。

 

攻守に渡って活躍するスキル

やはり剣士らしく攻撃職になっていますが、その鎧からも優秀な盾役としても活躍しそうです。
強力な剣技を繰り出すとともに、敵の強力な技を受ける防御も魅力になっています。

www.youtube.com

 

フィールドスキル:試合

そんな彼のフィールドスキルは試合です。
行く手を阻むものなどに戦闘を挑むことができます。
意外と好戦的なんですね。

勝利すると稀にレアアイテムをゲット出来ることもあるようで?

www.youtube.com

 

薬師 アーフェン・グリーングラス

お次は、薬師の青年アーフェン・グリーングラスです。
面白いジョブですね。
モブキャラとしては登場するものの、あまり操作キャラでは出てこないジョブだと思います。

君は、小川せせらぐリバーランド地方にある小さな村で
"薬師"をしている。
君には、幼い頃に命を救ってくれた恩人がいた。
代金を求めず薬を置いて去った、旅の薬師だった。
「あの人みたいに、大陸中の人を救ってやりてえんだ…!」
そんなある日、未だ旅立てずにいる君に、友が語りかける――

アーフェン・グリーングラス | TRAVELER | OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー) | SQUARE ENIX 

自分の人生を決める選択っていうのは単純で、心に感銘を受けた経験がその後に影響を与えたりする。
彼もそんな経験を経て、薬師になったようですね。

 

回復役、そして攻撃も可能なダブルスキル

薬師らしくやはり味方の回復役が鉄板でしょう!
ですが、それだけでなく、薬草採りなどで鍛えたのであろう斧を使って、攻撃役としても活躍できるようです。
アタックヒーラーは個人的には好きですね。

www.youtube.com

 

フィールドコマンド:聞き出す

そんな彼のフィールドコマンドは、周囲に情報を「聞き出す」こと。
これによって、他のキャラでは知りえない情報を得ることができます。

これによって、ショップの有利な情報隠しアイテムの情報、そして登場人物の違った一面も知ることができるようです。

www.youtube.com

 

狩人 ハンイット

狩人といえども、女狩人のハンイット
孤高な感じがする気高き戦士という感じでしょうか。

君は、深き森続くウッドランド地方にある
村で一番の“狩人”として暮らしていた。
君の師匠は“赤目”と呼ばれる魔物を狩るため
1年前に村を旅立ったきりだ。
「心配させてばかり、まったく師匠は相変わらずだな……」
そんなある日、君は1頭の魔物と再会する――

ハンイット | TRAVELER | OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー) | SQUARE ENIX

師匠がいなくなる、っていうこれもよくあるやつw
でも、なんかスクエニだからでしょうか。
すごくワクワクします。

 

弓を使った特徴的なスキル

彼女の武器は弓
そしてイメージどおり、命中率が高かったりクリティカルが出やすくなったりと、攻撃の要になるスキルを使用します。
また、敵の攻撃順を遅らせるなど支援も出来るようです。

www.youtube.com

 

フィールドコマンド:けしかける

ただ単に挑発するというよりも、魔物を操作して人物を追い払ったりねじ伏せたりすることができます。
自然で暮らす狩人だからこそ、こういったことが可能なのでしょうね。

www.youtube.com

 

盗賊 テリオン

キザなイラストが似合う盗賊のテリオンです。
盗賊といえば、FF9のジタンが思い浮かびますね。
それよりは大人でクールな感じがしますが。

君は、断崖連なるクリフランド地方に
“盗賊”として流れ着いた。
君の過去に何があったかは、誰も知らない。
神出鬼没の君の噂は、貴族や富豪たちを震え上がらせた。
「……まあ、軽いものだ」
そんなある日、君はいつものように或る屋敷に忍び込むが――

テリオン | TRAVELER | OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー) | SQUARE ENIX

過去が謎なキャラクター。
そういったキャラには、裏の仕事がよく似合います

 

操作性が万能な盗賊スキル

盗賊らしく足が速い。行動順も早く先制攻撃が得意となっています。
また、攻撃しながら相手のHPやSPを奪い取ったり攻撃力や防御力を下げるデバフスキルも持っていて、中々に曲者キャラですね。

www.youtube.com

 

フィールドコマンド:盗む

当たり前化のように、フィールドコマンドは「盗む」です。
アイテムショップにはないアイテムをゲットしたり、盗んで手に入れたものでクエストが進んだりと、盗賊ならではのイベントを楽しめます。

www.youtube.com

 

注目ポイント!

では、このゲームの特徴について、まとめてみました。

 

HD-2Dの幻想的な映像

往年RPGを感じさせるドット絵を基調としながらも、その表現に奥行きをもたせることで立体的に表現するHD-2Dと名付けられた表現技法
ドット絵が立体的に動くのが幻想的な雰囲気を醸し出します。

あえてグラフィックをドット絵でぼかしながらも立体的に鮮やかに映し出される光景が、すごく面白いです。

エフェクトもバトルを盛り立ててくれます。

 

背景や性格が異なる8人の主人公

どのRPGでもパーティキャラクターは個性が強いものの、今回は8人全員が主人公となるRPGとなっており、それぞれの背景が非常に鮮明に印象付けられます。

結構キャラが多いイメージもありますが、そこはなるべく王道の表層設定をつけることでカバーしつつ、ストーリーで奥行きを出すという感じでしょうか。

各キャラクターは年齢も性別も暮らしてきた環境も全く違い、それぞれに操作できることで感情移入はしやすく個々のストーリーにのめり込みそうです。

 

洗練されたバトルシステム

ターン制コマンドバトルは少しテンポが悪いってのが現代のゲームから来る印象。
最近のゲームはコマンドバトルでもアクション性やリアルタイム性を取り入れることで、刺激あるバトルにしています。

このゲームではそれでもターン制コマンドバトルが主軸
しかし、歴史あるコマンドバトルながらも「ブレイク」や「ブースト」といったシステム戦略性を上げることで、また違った軸で楽しめる戦闘を用意しています。

 

フルボイスで進むストーリー

各キャラクターの会話は吹き出しで表示されるものの、ボイスが付いています
モブキャラは一言ボイスになっていますが、主人公キャラクターにはフルボイスが付いています。
これがあることで、キャラクターの人となりや表情がついて、よりストーリーを盛り上げてくれます。

特にこのゲームで言えば、それぞれに違ったキャラクター設定をもっており、短時間でそれを理解するにはボイスが与える印象が非常に重要です。

物語に引き込まれそうです。

 

ストーリーを盛り立てる壮大な音楽

ドット絵だからといって音楽も8ビットなわけではありません

こちらはバンドサウンドやオーケストラサウンドを取り入れた壮大な音楽を奏でています。
全て生音を収録して作り込まれた音楽は、ストーリーそしてバトルを面白くする重要なアクセントになっています。

現状でも、すごくサウンドトラックがほしいですw

www.youtube.com

 

販売情報まとめ

さて、最後に販売情報のまとめです。

 

発売は2018年7月13日 全世界同時発売!

待望の発売日は2018年7月13日です。
夏休みはこれで遊ぶしかないですね!

 

販売価格は、6,800円+税
と通常価格の範囲内。
むしろこの値段で相当遊びこめそうな気がします。

 

Amazon限定版はコチラから!

 

限定版は北米の輸入版であれば入手可能!

よくある限定版仕様というものが存在しません!
しかし、北米版にはちょっと豪華なバージョンがあるようです。

こちらには、
・飛び出す絵本
・サウンドセレクションCD
・ワールドマップ
・模造コイン
などがついているようです。

輸入品ですのでお値段はお高めですが、日本のゲーム機でも対応していますので、気になるようであればコチラもチェックしてみて下さい。

 

Amazonでチェックする!

 

そのほか、サウンドトラックや設定資料も同時発売

限定版がない代わりに、サウンドトラックや設定資料も同時発売となります。

同時に買う必要はないかもしれませんが、体験版が配信されていたりと事前にゲームをある程度楽しむことができるので、こういったものが同時発売されるのは嬉しいことです。

 



© 2017- 色のない日々に彩りを All rights reserved.