色のない日々に彩りを

日々のあれこれ気になることを書き留めていく。

癒しのカバーソングアルバムを紹介 KOBASOLO Cover Album「これくしょん」

SPONSORED LINK

どうも、しーとです。

 

今日は、9月27日発売のCDを早速レビュー。

 

それがコチラ。

http://www.vap.co.jp/kobasolo/

 

KOBASOLOさんと5人の歌い手さんのカバーアルバムです。

おすすめです!

 

10曲収録されており、

  • 君に届け
  • 明日はきっといい日になる
  • ひまわりの約束
  • ヒカリノアトリエ
  • シルエット
  • 好きだ。
  • 奏(かなで)
  • 3月9日
  • スパークル(movie ver.)

というラインナップです。

 

好きな曲が入っているなら是非聞いてほしいアルバムです。

「これくしょん」をamazonで探す

 

さて、

KOBASOLOさんとは、

YouTubeで活躍するミュージシャンです。

www.youtube.com

 

オリジナルソングやカバーソングを投稿している

注目のミュージシャンです。

 

ピアノやアコギを中心にとてもきれいな楽曲を作る方で、

カバーソングも元の曲の歌詞を殺さずも、

新しい解釈を与えてくれる、そんなアレンジをしてくれます。

 

また、KOBASOLOさんが歌うだけでなく、

様々な歌い手さんとコラボもしています。

 

その中には、なんとAKBの方も!?

 

今日はそんな歌い手さん達とアルバムを紹介していきます。

 

 

5人の歌い手さんを紹介

今回はそんな歌い手さんの中でも、

このアルバムに参加している歌い手さんを5人紹介します。

 

春茶さん

僕はこの方の声が一番好きですw

 

というよりも、KOBASOLOさんのチャンネルを聴く

きっかけになった曲を歌っていた歌い手さんです。

 

その曲がこちら。

www.youtube.com

 

原曲は米津玄師さんの「ピースサイン」という曲。

元々は男性曲ですが、米津さんの柔らかい感じが、

女性にもマッチしていいカバーに仕上がっています。

 

この中の歌い手さんが春茶さんで、

か細くもメリハリのある歌い方がとてもいいです。

 

特に面だった活動はしていない方なので、

残念です。

 

えみいさん

続いてはえみいさんです。

若くも力強い歌い方が特徴的です。

 

www.youtube.com

 

この曲はアルバムにも収録されている曲ですが、

サムネイルの笑顔のように、

表情の乗った歌声が曲にとてもマッチしています。

 

若いと言いましたが、なんとまだ中学生というから驚き!

 

まだ歌いきれてない印象もありますが、

今後の成長が楽しみです。

歌の表現力を磨けばとても光りそうです。

偉そうに。。w

 

また、テーマパークガールというユニットで活動もしているそうです。

www.youtube.com

 

安果音さん

3人目は安果音さんです。

透き通っていながら奥ゆかしくしっとりとした歌声に魅了されます。

 

www.youtube.com

 

手嶌葵さんの「明日への手紙」のカバーです。

 

素朴な声を表現するのって難しいですよね。

そんな名曲をしっかりと歌い上げます

 

これまでの2人とまた違った歌声で、

奥ゆかしさが出る静かな歌が似合う方です。

 

MICOさん

お次はMICOさん

力強く太い歌声が特徴的です。

 

www.youtube.com

 

元々はback numberの曲ですが、

見事に曲を食っています

 

それほど、声に力強さを持ち、

歌詞を活かしながらも独自の解釈で、

自分の曲としてしまうような、そんな歌声です。

 

彼女の場合は、シンガーソングライターとして活動していますね。

www.mico-net.com

 

竹内美宥さん

そして最後はAKB48の竹内美宥さんです!

AKBの方ってこういう活動もされているんですね。

 

www.youtube.com

 

第一印象はAKBっぽくない!

ちゃんと歌手としての自分の歌を持っている方ですね。

 

しっかりと低音部分もまとめて、

サビで高音に持っていける、いい歌い手さんです。

 

もうちょい表情を音に乗せられるといいと思っています。

若い方なのでこっちの方面での成長に期待です!

 

SPONSORED LINK

 

KOBASOLO Cover Album「コレクション」

ではでは、今回のアルバム紹介にいきましょう。

 

5人の歌い手さんが2曲ずつ計10曲のアルバムとなっています。

そして、初回限定盤には5人の歌い手さんの曲が1曲ずつ、

ミュージックビデオとして付いてきます

 

価格も定価が3,200円+税なので、

標準的です。

 

普通のアルバムは至って普通の値付けですね。。

意味深。。

 

即席レビュー

全体的に、5人の歌い手さんのいいところが詰まったアルバムです。

曲調もアップ系からしっとり系まで

余すことなく収録されています。

 

曲それぞれがうまく収まっていますが、

逆に収まりきってしまっているように感じて、

もっと突き抜けた、尖った感じを出してもいいと思いました。

 

アマチュア感が少し出ているのがもったいないですが、

元の曲を丁寧に解釈して、アレンジされているので、

原曲が好きな人にとってはとても心地良く聞けると思います。

 

そんなアルバムです。

 

「これくしょん」をamazonで探す

詳細レビュー

1曲目 君に届け(コバソロ&竹内美宥(AKB48))

1曲目は竹内美宥さんが歌う、flumpool「君に届け」です。

 

ピアノから始まり、カホンのリズム、

アコギのいいリズムが重なり爽やかな曲調です。

 

漫画「君に届け」の実写版の主題歌でしたが、

漫画の雰囲気を感じさせる気持ちよさが印象的ですね。

 

竹内美宥さんの早る気持ちが上手く曲に乗っていて、

サビに抜ける壮大さが楽しいです。

 

”届け”の消え入る声がよい余韻を残しています。


2曲目 明日はきっといい日になる(コバソロ&えみい)

続いて、えみいさんが歌う高橋優さんの「明日はきっといい日になる」です。

 

上でも書きましたが、

CDで聞いていてもえみいさんの笑顔が見える

そんな曲です。

 

イントロはアカペラで始まりますが、

すごく豊かな表情が曲に乗っているのが印象的です。 

 

その後ハネたリズムが乗って、ノリノリです。

終始えみいさんのいいところが出た曲ですね。

 

3曲目 ひまわりの約束(コバソロ&春茶)

続いて、春茶さんが歌う秦基博さんの「ひまわりの約束」です。

 

原曲と同様、アコギのアルペジオ(指弾き)から始まります

まさしく、女性が歌う「ひまわりの約束」という感じですね。

 

春茶さんの余韻の出し方がうまくハマって、

感情を揺さぶってくれます。

 

サビのふわ~っと広がるピアノの音が、

情景を緩やかに出して、いい味を出しているのがポイントでしょうか。

ひまわり畑がもわーっと浮かんでくるようです。

 

4曲目 糸(コバソロ&安果音)

4曲目にはさらに曲が深遠になり、

安果音さんが歌う中島みゆきさんの「糸」です。

 

原曲を丁寧になぞりながらも、

安果音さんの歌声に合うようにしっとりとした曲になっています。

 

サビ前で入るマーク・ツリーが糸のキラメキをイメージさせ

強く入るピアノの伴奏とストリングスの音が雄大に奏でられ、

安果音さんが伸びやかに歌い上げます

 

また、違った「糸」が生まれましたね。

 

ちなみに、マーク・ツリーは、

金属の棒が何十本も連なってるやつですw

 

5曲目 ヒカリノアトリエ(コバソロ&MICO)

折り返しの2曲はMICOさんが歌います。

まずはMr.Childrenの「ヒカリノアトリエ」です。

 

Mr.Childrenはどうしても声がMr.Childrenになってしまうんですよね。

 

MICOさんはうまく原曲を活かしつつも絶妙に自分を出せるので、

ちゃんとカバーソングとして、歌われていると思います。

 

特にサビが音域にマッチし、ハキハキ歌う感じが気持ちをハネさせ

女声の高音の伸びやかさも出ていて、気持ちいいですね。

 

コバソロさんのコーラスがミスチルっぽい声をだすのですが、

それがコントラストなって、MICOさんを印象づけてくれます

 

6曲目 シルエット(コバソロ&MICO)

ワンツー!

 

はい、次にkana-boonの「シルエット」です。

 

元々が楽しい曲ですが、

こちらも楽しい曲に仕上がっています

 

ハキハキしたMICOさんの歌声が曲に乗って

表情が歌声から伝わってくるそんなカバーになっています。

 

個人的にはハロハピの「シルエット」が好きですが。

⇛出たバンドリw

 

女性が男性の歌を歌うと伸びやかさが増して、

すごく表情豊かになるのが全般的にすきです。

 

この曲がそれが一番良く出ていますね。

 

7曲目 好きだ。(コバソロ&えみい)

そして後半7曲目、シルエットのテンションそのままに、

えみいさんが歌うLittle Glee Monsterの「好きだ。」です。

 

原曲のリトグリはホントに歌が上手い

 

どうしても対比してしまいますが、

えみいさんも負けてない

 

ピアノから入る伴奏の後のAメロの入りが素晴らしいです。

本家にも負けないくらいの力強さが出ています。

 

ただ、リトグリはグループなので、サビがどうしても音数で負けてしまい

若干弱い部分を感じてしまうのですが、

全体的に上手くまとめて、えみいさんらしく楽しく歌いきっています

 

高音の伸びきりファルセットも自然に出せていて、

ホントに中学生かと。

 

8曲目 奏(かなで)(コバソロ&安果音)

8曲目は落ち着いて、安果音さんが歌うスキマスイッチの「奏」

名曲ですね~。

 

終始安定していて、まるで持ち歌のようです。

 

原曲ほど感情の揺さぶる曲調になっていませんが、

アレンジが安果音さんに合っていて、

静かにしっとりとした曲調で仕上がっているのがいいです。

 

9曲目 3月9日(コバソロ&竹内美宥(AKB48))

終盤は、竹内美宥さんが歌うレミオロメンの「3月9日」です。

 

ピアノと歌で始まる曲は、

卒業式で歌う「3月9日」のようです。

 

1番でA・Bメロを2回繰り返しますが、

2回目のA・Bメロが聞き所です。

 

すごくきれいに歌われているのが素直に耳に入ってきます

 

丁寧に歌いながらも独特の余韻の出し方が、

この曲の情景を上手く表現できています。

 

10曲目 スパークル(movie ver.)(Covered by コバソロ&春茶)

最後は、春茶さんが歌うRADWINPSの「スパークル」です。

 

ラッドも個性が強いバンドですが、

RADの声に合っていて、すごく自然です。

 

春茶さんは本当に独特な心地よい声で歌ってくれます。

べた褒め

 

終始、原曲と同じように進んでいきますが、

逆に春茶さんを邪魔しないので、

素直に春茶さんの歌が届きます

 

力強い歌い方ではないですが、

か細い声が伸びてくるので壮大な雰囲気が消えず

自分の声をわかって歌っていることが伝わります。

 

ラストにふさわしく、

是非、聞いてほしい1曲です

 

終わりに

今日は、

KOBASOLOさんのカバーアルバム「これくしょん」

の紹介でした。

 

音楽のレビューを書いていると、

悩むのが、自分の表現力

 

伝えきることが難しく、いつも悩んでいます。。

 

とはいえ、書かないと成長しないので、

今後も頑張って、おすすめの曲を紹介していきます

 

それじゃ!

 

 



© 2017- 色のない日々に彩りを All rights reserved.