色のない日々に彩りを

日々のあれこれ気になることを書き留めていく。

[0から始める資産運用]コインチェックで仮想通貨を買ってみた 第2話『大暴落!』

SPONSORED LINK

どうも、しーとです。

 

仮想通貨を買ってみた第2話です。

 

今日は現在の状況について、

簡単に報告しようかと思います。

 

経緯はコチラ。

www.irodoly-life.com

 

ちょうど、10日前に買ってみたわけですが、

10日経って資産はどうなったのか?

 

行ってみましょう!

 

 

早速、ビットコイン相場の暴落に出会う

はい、買ってから3-4日経ってからだっけな。

 

韓国で仮想通貨が禁止になる!

とかのニュースのおかげで、

どーん!

 

10万円割ったったw

 

13万だったので、かれこれ3万ロスってます。

 

これが1月16日の19時あたりの相場でして、

このあとBTC(ビットコイン)は100万円台まで下がったりしたので、

一時期資産が6-7万円とかまで落ちました。。。

 

ほぼ半額。。

 

やっぱり仮想通貨なんて買うもんじゃないな。

と思われるかたもいるでしょう。

 

買い相場がやってきた

でも、逆に仮想通貨を持ってない人からみれば、

値段が下がったので、買いやすくなったという風にも見て取れます。

 

仮想通貨に限らず、こうした相場ものの取引の基本は、

安値で買って、高値で売ること

 

これだけ!

 

つまり、この暴落相場の底をしっかり予想して買うこと

が重要なわけです。

 

僕みたいに何の気なしに、ブログで書きたいがために、

適当な相場で買うのは厳禁ですw

 

ビットコインは想定相場の下限で止まった

ただ、自分のイメージとしてはレンジ(価格の動く高値と安値)で考えて、

ギリギリ下限で止まったかと思ってます。

 

こっから更に下げたら、ちょっと想定外でしたが、

まだあくまで想定の範囲内でした。

 

仮想通貨の値動きは噂だけ

まあ仮想通貨っていうのは金とか株とかと同じように言われるけれども

価値の裏付けってのがあいまいだから、

価格の動きも激しいです。

 

要は、

みんながほしい!って思ったら価格は上がるし、

みんながいらない!って思ったら価格は下がるのです。

 

そして、それはニュースによって動く、

Twitterとかのインフルエンサーによって動く、

とすごくあいまい。

 

といったところからも初心者はコインチェックとか、

日本人がみんな買える取引所で買うのが無難

 

やっぱりみんなが扱える分、取引量も多いので、

値動きがある程度追えますしね。

 

なんで想定の下限を100万としていたのか

これ以上下がるちょっと、やばめの相場になる気がしてました。

 

というのも、

大体100-120万の相場っていうのは、

12月のお祭りアゲアゲ相場の前に揉んでいた相場だったから。

 

つまり、大体このあたりのレンジがガチホ勢が耐えれる相場かなと。

特に、年末を経て、ファンドなど大きなお金を持っている法人様も参入して、

ある程度、底上げはされていると考えれらます。

 

つまり、ここを下げてくると、

ほんとにビットコインから資産が逃げている、というように見れるわけです。

 

実際、その後も低位で推移しながらも、

130万くらいで止まってるしね。

 

100万円台で仕込めたなら万々歳でしょう。

 

SPONSORED LINK

 

僕はなぜか資産が増えました

そしてそんなぼくはというと、

こうなりました!

 

 

あれ、資産増えてるんだけどw

 

まあ、あれですね。

もう1万ずつ買い増ししました

 

やっぱり下がったら買い!

いやー、だってあんだけ下がって買えないのは、

すごく勿体なかったので。。

 

いつか1万ずつ追加投入しようと思ってたら、

いきなり13万を再投入です

 

正直、これ以上はきついので、

折をみて投入金額を30万にして見やすくしたら

それ以上は買わないです

 

なんか、本来の趣旨とは違うしね。

 

ああ、ちなみにこうやって、損が出ている価格で、

さらに買い増すことをナンピン買いと言います。

 

為替だと結構これでやけどしたりするけど、

仮想通貨だと結構基本な買い方だと思っています。

 

直近の資産はこちら!

直近の資産はこんな感じ。

 

マイナス5万円。

 

これでも、安値で買ったやつはプラスが出てると思うんだけど

どうかな。

 

多分買ってなかったらもっとやられてた可能性がある

まあ、長い目で持っていく予定なので、

今のところはダメージ少ないです。

 

とはいえ、5万はね。。。

 

ここで離すのはやめた方がいい

ちなみに、大きくロスっているからといって

手放すのはやめた方がいいです。

 

緊急で現金が必要なとき以外は!

 

特に今はマイナスのニュースが多く出ているだけで、

プラスのニュースがいまいちなだけで。

 

何かいいニュースが出てきたらすぐ元に戻ります

 

特にまだ仮想通貨相場は若い相場なので、

まだまだロングで持っていて損はないと、個人的には思います。

 

最近あったニュース

ちなみに、ここ最近の暴落はどんなニュースが引き起こしたか、

最後にまとめておきます。

 

中国

まずは中国。

coinpost.jp

 

こんなニュースがありましたね。

あくまで、検討

なので、噂レベルのニュースですが、

こういうのでホント相場が動きます

 

まあ、正直中国はある程度世界の仮想通貨相場から切り離されているので、

実際これが起こってもある程度織り込み済みかと思います。

 

ただ、中国マネーは巨大なので、影響力は未知数です。

 

韓国

やっぱり問題なのはこっちの方。

www.sankeibiz.jp

 

韓国は取引量も膨大価格も高いので、

影響は大きい方だと思います。

 

ただ、韓国の取引所は外国人を徹底的に排除しているので、

韓国だけ自滅って言うケースもありえます。

 

ドメスティックな相場だから、価格も高いんですよね。

 

ホント韓国関連のニュースはパッと出てきて

相場を荒らすだけ荒らしていくので、嫌いです。

 

すぐに、

jp.cointelegraph.com

こういうカウンターのニュースも出るので。

 

まあ、しばらく様子見ですね。

 

インドネシア

coinchoice.net

 

インドネシアも禁止の方向みたいです。

これはガチっぽいですね。

 

まあ、下げるネタとしては十分ですが、

プラスニュースで吹っ飛ばせるくらいなインパクトだと思っています。

 

イスラム

mainichi.jp

 

中長期的にはここがじわじわ効いてきそう

 

今のところはそうでもないですが、

今後、数年でみたときにはここらへんが重荷になる可能性もありうる。

 

注目はしておくべきです。

 

ドイツ・フランス

jp.reuters.com

 

これの本気度合いが気になる。

 

本気でやるのであれば、どっちにも転ぶ可能性はある。

 

締め付ける感じだったら下げるし、

整備するというイメージならじわじわ上がっていくでしょう。

 

特にEU地域で経済が強い国の発言ですので、

今後の動向は無視できないニュースです。

 

基本的に規制のニュースが多かった

これまで見たように基本的に規制のニュースばっかで、

基本的には下げる要素しかない。。

 

まあ潔く買い増しチャンスだと思っておきましょうw

 

特にこうやって相場を下げる要素が多いときは、

意図的に下げられている可能性も無視出来ません

 

つまり、大口が買い増すチャンスを伺っているとも、

みることが出来ます。

 

あくまで陰謀レベルですけどねw

 

終わりに

ということで、

最近の仮想通貨事情についてまとめてみました。

 

あくまで読み物として読んでいただけると嬉しいです。

 

あと、今度株式運用にも手を出そうと準備しています。

こちらもやってみた!という感じで、

定期的に資産推移を出して行ければと思います。

 

それじゃ!



© 2017- 色のない日々に彩りを All rights reserved.